渡辺通 スペースシップに乗って

クイズ!ここは元々、何のお店だったでしょうか!(答えは15枚目)

ぽわ〜んと光るブルーライトに心惹かれます。

ちょっとしたソファもありました。

ガラス張りになっているので、外からの視線を浴びまくりです!

どこを見てもピカピカと光り輝いています。

ここは何に使いましょう…意外と広さがあるので悩みます。

どこに何を配置しようかな〜。。

おおっと!これは何かの窓口ですね?

スタッフルームへの扉を開けると、更に2つのドアがあります。

1つ目のお部屋。資料を置いたり倉庫として使うのもアリかな?

2つ目のお部屋。ここはスタッフの休憩室だったり、打ち合わせスペースだったり?

右奥の扉を進むと…

でた!窓口らしきところの裏側に来ました!

前はここで「いらっしゃいませ〜」って言ってたのかなぁ。

クイズの正解は、外貨両替のお店でしたー!(ビットコインの買取もやっていたそうです)

大胆かつポップな看板!目立ちますね〜

天神と博多の境目にある福岡の隠れシンボル。

間取り

さあ、何をしよう。

渡辺通りのシンボル的存在で、歴史のある複合ビル。
飲食、ファッション、教室や事務所など様々な業種が集まっています。

渡辺通り周辺はかつて「博多の新宿」とまで呼ばれ、多くのお客さんで賑わっていたそう。
このビルは隣接するホテルニューオータニと肩を並べ、独特の雰囲気を纏いながら存在し続けています。

そんなビルの中に不思議な空き店舗を見つけました。
場所は一階、出入り口の一つがすぐ近くにあるのでお客さんの目も止まりやすいと思います。

内装は一概に古いとも言えず、懐かしさもあるのに近未来的な要素も感じました。
ブレーカーをあげると綺麗な青い光が浮かび、たちまち室内は幻想的な世界に。

元々は外貨両替やビットコインの買取などを行なっていたお店のようです。
どうりでチケットの窓口が二つあるんですね!

もし、ここを事務所にするのであれば元々の窓口を受付にしても良いかもしれません。
ちなみに私はこの物件を初めて見た時、ちょっと宇宙船のように見えたんです。
宇宙をテーマにしたアパレルショップや雑貨屋さんなどでも、より個性が際立って面白いかなと思います!
(裏の部屋は在庫部屋とスタッフルームにして、窓口をレジに…!?)

天神と博多、それぞれへ向かう道の分かれ目にある歴史あるビルでお仕事を始めませんか?
個性的な内装なので、そこをどうするかは一緒に考えましょう!

※飲食店不可
※空調費は賃料に含まれています。

続きを読む