別荘を思わせるインテリア

柔らかなニュアンスの木目に癒される

リビング窓からの眺望。遠くに海が見える。

西向き窓からあたたかい光が注ぐ

キッチン側からダイニングを見る

大谷石風タイルにときめく

タイル使いがかっこいいカウンターキッチン

使いやすそうなL字型キッチン

リビングにはアンティーク家具やファブリックを合わせたい

11.1畳のマスターベッドルーム

収納力たっぷりのウォークインクローゼット付き

7.2畳の洋室はグリーンビュー

4.9畳の洋室はワークスペースにぴったり

バルコニーはコンパクトめ

窓付きの明るい浴室

広々洗面室では物干しも可能

トイレも広い!

玄関

外観

間取り

逗子 URBAN×RESORT 602号室

物件価格 5,690 万円(月々 185,923 円)

徒歩3分 104.06㎡ 3SLDK 1981年08月

価格改定しました!

駅前の利便性とリゾートの、いいとこ取り

湘南の海のそばに居を構え、テレワークしつつ週に何日かは都心へ通勤、休日は朝から海でサーフィンやヨガを楽しむ・・そんな生活に憧れを抱きながらも、なかなか踏み切れない貴方へ。こんな住まいのご提案です。

JR逗子駅から、線路と並行に走るなぎさ通りを歩くことわずか3分の場所にある、1980年代初めに建てられたタイル貼りのマンション。エレベーターで最上階へ上がると、遠くにきらきら光る海の水面が見える。

ご紹介のお部屋は、専有面積100㎡を超える大型の3LDK。ファミリーで長く住むのはもちろんのこと、住まいを仕事場としても、ゲストを招く場としても使いたい二人の暮らしにもおすすめです。

間取りは、玄関を抜けると22.8畳の広々LDK、そこを通過して水回り、3つの居室へとアクセスするつくり。

利便性の高い立地にありながら、室内にはリゾートを感じさせるディティールがそこかしこに。個人的にグッときたのが、リビング窓辺の大谷石風タイル。海沿いの古いホテルをイメージして、アンティークの家具やファブリックを合わせてみたい。

角住戸なので窓が多く、風も光も存分に取り込めるのも魅力。それぞれの居室が快適でプライベート性も高いので、一人の時間も、家族や仲間との団欒の時間も楽しめるのが良い。

逗子駅から東京駅へは、乗車およそ1時間。休日は車や自転車で気軽に海まで。平日は在宅ワークと都心通勤を臨機応変に使い分けて。そんな自由な生き方が叶う住まいです。

内見のご予約、心よりお待ちしております。

【注意点】
・逗子駅および線路が近いため、電車の発着音が聞こえます。
・区分所有者専用の駐車場・駐輪場はございません。近隣の駐車場・駐輪場をご案内致します。

続きを読む

周辺情報

スーパー(オーケー)まで約150m(徒歩約2分)
コンビニ(ローソン)まで約190m(徒歩約3分)
ドラッグストア(マツモトキヨシ)まで約300m(徒歩約4分)


【住宅ローン返済例】

5,690万円お借入 → 毎月返済額154,723円
(頭金0円、都市銀行、変動金利0.775%(金利優遇1.7%)、35年返済の場合)
+ 修繕積立金7,800円+管理費23,400円
<合計毎月>185,923円