みずほ台 ニューヴィンテージ。(1LDK) 1B号室

ここがあなたのリビングです…

いらっしゃいませ(お店はできません)

このエントランスがあなたの家の玄関です。

気の遠くなるような作業の末に完成

ここがあなたのお部屋です(オーニング出してみました)

寝室はしっかり分けられます

寝室の奥にも玄関あり(次の写真を参照)

ここがもうひとつの玄関

実は車道側へ出る裏口もあります(右手に写っているのは大きなクロゼット)

寝室とリビングの間はアーチをくぐります

1B号室のみトイレは独立

マッサージシャワー付きです(2C号室)

冷蔵庫、冷凍庫ついてます。業務用ですから。

寝室の照明がいい

シューズボックス(2C号室)

新しい暮らし方のスタート地点

世界観がすごい

間取り

古いことがヴィンテージなんじゃない。

※設備写真は一部2C号室のものを使用していますが1B号室も同様の物となります。

ヴィンテージアパート、つくりました。
11月〜3月の寒さ厳しい季節、少しづつ色合いの違う煉瓦の並びを
1枚1枚考えながら、職人さんが黙々と貼った。

壁はコンクリ打ちっぱなしかと思いきや、よ〜く見ると塗ってある。
(そうだ、ここは木造だった…)こんなお茶目な「なんちゃって」なら悪くない。

さてこの1B号室、人を呼ばずにはいられない作りになっています。
リビングは見ての通りガラス張り。エントランスにはオーニング。
扉を開け放ち「いらっしゃいませ!」と言いたくなる。
カウンターの裏にはドーンと業務用キッチン。

ここでお店を始めることはできないけれど、
ぜひ住人が集まる場所にしてほしい。
休みの日にはみんなでランチしたり、夜はお酒を呑んだり。
そんなシーンを想定して、寝室とリビングを仕切る扉は遮音使用。

部屋の隅々までオーナーの茶目っ気とセンスにあふれていて、
そのひとつひとつに職人さんが応えている。
詳しくは書ききれないけれど、ここに住むことを選択した人は
きっと今までとは違う暮らし方に出会えると思う。

これから色んな人がここに住んで、建物も人とともに味わいを増して行き、
ゆくゆく本当の意味で「ヴィンテージ」になり得るであろう場所。

一度は暮らしてみたい場所。
お早目に。

《補足事項》

・共用の庭があり、その先はオーナー宅となります
(本物件と同じ職人さんが手掛けたお宅で、素晴らしいです。)
・プロパンガス
・1B,2C号室はIH3口
・保証会社加入必須
・ペット・楽器使用不可
・石油ストーブ・ファンヒーター使用不可
・退去時敷金償却
・家賃引落し(毎月27日 / 手数料324円)
・再契約料20,000円

続きを読む