武蔵小杉 ただいマンション 304号室

初冬の朝9時。少し暑いほどの朝日

窓が大きくて空は真っ青

玄関。靴すごい入る。

玄関すぐに洗濯機置場

IH1口キッチン

玄関入って反対側にユニットバス。壁木目調

鏡も大きくて良い

部屋奥から

充分な収納

別角度から

もう一度朝日を浴びに

広くないけど気持ち良いベランダ

天井高いです。ライティングレール。

木の扉がまた落ち着く

逆サイドから

気持ちいい共用部分

外観も好み。

向河原の駅前。ほっとする

逆サイドにはスタバもありますのでご安心を

間取り

「ただいま」の瞬間ほっとできる家っていうのはこういうことなんだろうね。

一見辺鄙なところにあるようで、
とっても便利なところにあるようにも見えるこの物件。

どちらも正解。

武蔵小杉といえば、今や再開発で大人気のエリア。
都心に通う学生や社会人にとっても便利。

武蔵小杉駅から徒歩圏内でありながら、
一番近いのは「向河原」という南武線の小さな駅。
降り立つと小さな商店街に踏切のカンカン…という音が懐かしい。
大きなスーパーは見当たらなかったので、週に数度は武蔵小杉で買い出しを。

ただいまを言った瞬間、ふーっと力が抜けてほっとできる、
ひとりの時間をゆっくり、まったりと過ごすのが良さそうな
ひとり暮らし向けのワンルーム。
部分的にリフォームされた程よい生活感。

玄関備え付けのシューズボックスは、友人が何人いても足りない程の大容量。
すぐ右手に洗濯機置場、その先にIH1口コンロのミニキッチン。
反対側には3点ユニットバス。
壁面が木目調で、大きな鏡がついているのが嬉しい。

居室への扉を開けると、声が出るほど眩しい朝日!
サンサンっていうのはこのことか…。
撮影したのは朝9時過ぎ。この朝日で目覚めることを考えるだけで
この部屋への愛情がぐっと増す。

ベランダはそこまで狭くないけれど
室内干し用の物干しワイヤーもついているから天気の悪い日も安心。

戸数の多すぎない白い外観。
普段忙しくしている人にこそ、ここへ帰ってきてほしい。
そんな場所にあるそんな部屋。

※エレベーターはありません

同物件別部屋こちら
https://www.r-store.jp/chintai/room/193976

続きを読む