広尾 TOKYOのかっこいい 205号室

トーキョーかっこいい

開口部はありますが、1階なので日当たりは望めません

無造作のベニヤウォール

目の前は駐車場

こちらはベッドルームとして

オープン収納

水周り(右手扉内)は隠せます

開けるとこんな感じ

コンパクトながらもかっこいいキッチン

浴室

トイレ

レトロな共用部

階段の緩やかなカーブがよきまる

外観

間取り

TOKYO版ロフト・アパートメント

ロフトアパートメントとは、もともと廃倉庫や何かの工場などであった居住スペースではない建物の空間にキッチンを作り、壁を作り、住めるようにしたところを差すそうです。

天井が高く、様々なパイプなどがむき出しであり、居住用ではないのですが、そのスペースや窓が大きく多いことや採光性から、ニューヨークのおしゃれなアーティスト達がアトリエ兼住居として居住するようになったそう。

今回はそんなNYのロフト・アパートメントを彷彿させるようなリノベーション物件のご紹介です。

まずは写真をご覧ください。
もう言葉はいりませんよね。
ため息が出ちゃうくらいかっこいいんです。

倉庫のようにむき出しになった天井や配管。
無機質なステンレスのキッチンに白いタイルと木製の棚の異素材な組み合わせ。
シンプルだけどなんだか落ち着くトイレットルーム。
バーチ材の床や壁がもたらすぬくもりやあたたかさ。

もう床や壁にはほおずりしたくなってしまうくらい。
どこを見ても惚れ惚れしてしまいます。

外観はどこにでもありそうな普通なタイル張り。
なのに中に入ると天井はスケルトンで開放的。

こういう自由で開放的な住まいだからこそNYのアーティストたちは羽を伸ばし、創作意欲もわくのだなぁと勝手に想像してしまいました。

このお部屋であなたなりのTOKYOロフトアパートメントを作ってみませんか。

【備考】
・可動式収納がついてきます(ミラー付き)
・所在階は1階になります(窓の外はすぐ駐車場です)
・日当たりは望めません

続きを読む