大濠公園 ホテルライクな暮らしを 310号室

南向きの開口からは海外リゾートのような眺め

クラシックなデザインとホテルライクな絨毯の床

個室からバルコニーに出られます

洗面とトイレが一室にまとまっているのも海外っぽい

クラシックで重厚感のある洗面

ドアを開けると、おもわずワァー!と声を出してしまうくらいテンションが上がる眺め

眼下には大濠公園の緑と青い空が広がります

白い部屋に赤いドアが映えますね。左のドアにはキッチンが隠れています

廊下の折戸を開けるとシンプルですっきりしたキッチン

大きな鏡でお出かけ前の衣装チェックもばっちり

可動棚がたくさんあるシューズクローゼット

個室のクローゼットにはハンガーレール付き

リビングと個室は引戸で仕切れます

ウッドブラインド付き

ガラスで仕切られたお風呂は開放感◎

白で統一されたお風呂

マンションのエントランスはリゾートホテルのラウンジみたい

廊下の絨毯の床が、よりホテル感を出してくれます

住んでることを自慢したくなるようなカッコいい外観

間取り

walk in the park

ずっと前からかっこいいホテルがあるな〜と思っていました。
そんな建物がホテルではなく、実は住めるなんて!
今回取材にいけるチャンスが来てテンションが上がった私。

ホテルのような外観の建物に入ると
まず素敵な南国風のロビーがお出迎え。
思わず「check-in please」なんて言ってしまいそう。

今回ご紹介するお部屋は3階の大濠公園側のお部屋。
真っ白な明るい廊下を抜けてドアを開けると
日差しが降り注ぎ、大濠公園の緑と青い空が目に飛び込みます。
床が絨毯というのも、ホテルライクなポイント。
窓際にテーブルセットを置いて、コーヒーとフルーツたっぷりの
パンケーキがあればハワイに来た様な気分に。

リビングと個室を仕切る引戸は潮風をするりと通してくれそうな
ルーバー付き。ドアノブや引手に真鍮ゴールドがキラリ。
(※海は近くにありません。潮風はあくまで気分です笑)

個室についているバルコニーはそんなに広くはありませんが、
これだけ目の前に広々とした大濠公園が広がっているので全然オッケー。
公園のそばというより、もはや公園の中にいるような感覚。
夜のライトアップもキレイだろうな〜。

水周りは海外スタイル。好みが分かれるところだと思いますが、
洗面とトイレが一室にまとまっています。
お風呂はガラス張りで狭さは感じなくて済みそう。
洗面台やトイレ、バスタブやタオル掛けなど
パーツ一つひとつが、いかにも賃貸っぽいものとは違う
デザイン性のあるものなので、ただ歯磨きするだけでも
この部屋にいると気分が上がります。

キッチンは廊下に面した折戸の中に隠れています。
がっつり料理を毎日する方よりは家では簡単にサッと
済ませる方にちょうどいいかも。
でもシンク、作業スペース、IHコンロ1口と戸棚も
最低限揃っていますよ。
折戸を閉じれば生活感も表に出さずに済みます。

海外のドラマとか観ていると出てくる、ホテル暮らしの登場人物に
憧れたことってありませんか?
贅沢感のあるホテルライクな生活を憧れではなく日常にしてみませんか?

続きを読む