渡辺通 雨でもなんでも。 706号室

”懐かしさ”と”今”が融合している感じがします。

布地のカーテンで、ふんわり仕切りましょう。

上を見ても、下を見ても、細部までこだわられていて素敵。

縁のない畳のおかげでお部屋がスッキリしますね。

朝起きてこの眺めだったら、気持ちがいいだろうなぁ。

収納はこちらに。また、照明がいい感じ。

レトロなキッチン。あなたはどんな家具を合わせますか?

そうそう、カーテンで仕切るとこんな感じですよ。

バルコニーは意外と広め!目隠し用?の板は動かせます!

ちょっとタイムスリップしたような気分に陥る眺望。

洗面スペースは段差のおかげで、やんわりとした区切りが♪

オッ、オシャレなタオル掛けと昭和感溢れる床模様。

水色と白の組み合わせが爽やか〜。換気用の小窓つきです。

廊下には嬉しい収納が!ここには何を入れよう…

汚れてもお手入れがしやすそうな土間風の玄関スペース。

DIY感のあるシューズボックス。愛着が湧きます。

な、なんと玄関スペースにもこんな広い収納が!ありがとうございます!

お部屋の立役者。

この外観、たまりません。(以前、晴れた日に撮影したものです)

間取り

動じない落ち着きがあるお部屋。

この物件の撮影に伺った日は、連日晴れていた様子と打って変わって
傘を差していても濡れてしまう程の大雨でした。
日光が入らないお部屋は暗くてどんよりとしていることが多い。
だから雨の日に撮影に行くことはほとんどありません。

うまく撮れるか心配しながら向かった私を待っていたのは、不思議と落ち着けるお部屋でした。

お部屋に入ってブレーカーをあげると、ふわっと仄かに光るランプが姿を現します。
敢えて明るすぎないものを選んだかのように室内は暗めの照明が似合っていて
雨の日に来て良かったと思うほどでした。

落ち着いたり癒されたり、そんなパワーがあるお部屋には
仕切り扉の代わりに布地のカーテンが設置されています。
扉が無い代わりに開放感がありますし、布が照明と交わって何だか幻想的。
う〜ん、お見事!

ちなみにこのお部屋は2016年にリノベーションをしたものに
また少し手を加えアップデートしたそうです。
だからか上を見ても、下を見ても細部にまでコダワリが感じられるんです。
皆さんも写真を見ながらそのコダワリを探してみてください!

そして嬉しいことに、ペンダント照明はそのまま使用できるそうです。
事務所やSOHOとしての使用も相談可能なので、テーブルやパソコンなどを持ってくればすぐに作業を始めることができますね。こんなに柔らかな雰囲気のあるオフィスなら、終始リラックスした打ち合わせができそうです。

そろそろ落ち着いた暮らしがしたいなぁという方や
和室や木の温もりって良いなぁと思い始めた方、是非内覧されてみませんか?
内覧日が雨だと更に良いかも?なレア物件ですよー!

※定期借家契約、再契約可能

続きを読む