逗子 海と空と潮風と。 401号室

広々リビングから見える緑に癒やされます。

夕暮れ時には息を飲むような絶景。

窓を開けるとこの開放感!!

バルコニーからは逗子の海。実際はもっと近くに感じます。

リビング全体。日当たりも風通しも抜群。

窓から見える緑がきれい。

ブルーの扉が素敵なアクセント。

タイルや真鍮の取っ手が可愛いオリジナルのキッチン。

このキッチンカウンターの棚がスグレモノ。

この窓の開き方はかなり希少です。

バルコニー正面。逗子の街を一望します。

バルコニーから右を見れば緑越しの海。すぐ下に見えるのは駅です。

海上がりにごろんと寝転びたい和室。

和室の奥にある洋室。

素敵な扉の向こうは・・

玄関側の廊下。かなり広めで使い勝手の良い玄関。

サワラの木を贅沢に使ったハーフユニットのバスルーム。。

トイレにもナチュラルで使い勝手のよい造作棚を設けました。

逗子のシンボル的マンション。レトロな外観がたまりません。

間取り

逗子鎌倉エリアで希少なリノベーション物件。

【乗換なしで、渋谷まで56分・東京まで59分】※普通列車での最短時間

リビングに足を踏み入れた瞬間、視界いっぱいに広がるどこまでも続く真っ青な空と桜山の緑。
心地よく潮風の抜ける、最高の空間が逗子駅のすぐ上に完成しました。

足触りがよくコントラストが美しいアカシアのフローリングに、フルオープンと言っても過言ではないほどの大きな開口、タイルとシナベニアのエル字のオリジナルのキッチンに、オーナーさんのご家族が悩みに悩んで選んだ美しいブルーの扉がアクセントの広いリビング。
一角には、海上がりにごろんと寝転んでくつろげる畳のお部屋を。

水回りももちろんピカピカの新品、バスルームはサワラの木をふんだんに使って贅沢に。
温泉にきたかのような感覚でリラックスできること間違えなしです。

始発駅で座って都内通勤のできる逗子駅からわずか数分。
海まで歩いても18分という近さ。
いつもより少しだけ早く起きて海までランニングしてみたり、浜辺でコーヒー片手に本を読んだりお昼寝したり、これからの季節は言葉にならない程きれいな夕日も楽しめます。

元々はご家族で住まわれていた思い出のお部屋。
生まれ変わったこの素敵な空間を住み継いでくださる方お待ちしています。

※駅からすぐですが、急な坂を上がります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◼逗子のことをもっと知りたくなったよ、という方はこちら↓
逗子 TOWN NAVI
http://town.r-store.jp/archives/5173
◼『逗子からの都内通勤』が気になる方はこちら↓
http://r-blogs.jp/author/kamakura/4390/

続きを読む