同じ風景がいくつもあるので迷います

床はフローリング、壁はパンチボード

写真左の壁をスライドさせると収納があります

壁面の収納と可動式の収納

2口ガスコンロです

トイレと洗面台

お風呂もキレイ

バルコニーもちょっと広い

建物の中がとても広い

共有部には緑もあります

建物の右を抜けるとすぐ駅です

間取り

芦花公園 コンクリートジャングル 3309号室

家賃 97,000 / 管理費 8,000

徒歩4分 31.11㎡ 1K 2006年02月

・2021年4月上旬 内覧開始予定
・2021年4月下旬 入居可能予定

・写真は別室2308号室のもの(雰囲気 / 面積 / 間取り:同様 / 階数違い)
・間取り図は募集中のお部屋のもの

眠らない街東京…じゃなくて本当に石の迷宮

※写真と文章は【2308号室】のものになります。

80年代歌謡曲の歌詞のように、入居された方の心が荒むようなお部屋ではないのでご安心ください。

これほど巨大な打ちっぱなしの物件は僕も初めてだったので興味津々。
エントランスから各階の共有部分まですべてコンクリ一色なので生活感はまるでなく、その無機質さのあまり、部屋に行こうにも迷うほどでした。

ところがその感じも部屋に入ると一変。
壁や床の素材に木質を使い、コンクリート特有の寒々しさを緩和しています。
部屋が向かい合っているので、視線が気になる方はカーテンを。

可動式のボックスや壁面の収納も多く、○印良品のようにシンプルで使いやすそうな印象。
一度このジャングルに迷い込んだら、その魅力から脱出する術はございません。


続きを読む